どうせ戯曲なんか読まないんだろ?

かつて私は「この世は盆で満ちている」と書いたが、ある時それは誤りだと気が付いた。この世が盆で満ちているのではない。“私が”この世を盆で満たすのだ、と。

さて、今年の夏にはRADIOHEADが来日しますね。

はい。

先日Twitterで「演劇で飯を食いたいと言う若い奴に限って戯曲を読んでいない。」という趣旨の呟きを見かけました。

おおう、と思いました。

こちらをご覧ください。

image

こちらは河合祥一郎先生作成の必読戯曲リストです。

元は新国立劇場の研修所の授業で使われてたそうです。

「演劇を志すなら読んでいて当たり前」という基礎教養の50冊です。

いかがでしょう。

このリストを貰ったのはもう4年ほど前になりますが、僕自身まだ読んでいないものが何冊もあります。

なので先の「演劇を志す若い奴に限って云々」という呟きを見たときは素直に「やべえ…」と思いました。

だのに主宰を名乗っているというのは恥ずかしいことです。

シスカンパニーの北村明子さんは毎晩寝る前に1冊戯曲を読まれるそうです。

演劇界の御大こと鈴木忠志さんも「若い奴は教養がないから、シェークスピアだチェーホフだという話がそもそも通じない」と仰っていました。

そんなこんなでやはり戯曲を読んでいないと話にならないので、ちゃんとしようと思いました。

ひとまず2016年年中にこのリストの50冊を全て読みます。

これを平泳ぎ本店の来年度の公式事業とします。

これを「読み会」とします。

都内でもいろんな方が戯曲を読む会、ワークショップを開催されていたりしますが、平泳ぎ本店のこれはとにかく無闇に先のリストの50冊を読みきることを目標とします。

なにせ戯曲は読むに如くはありません。読むことは良いことです。

己の内の反知性主義を駆逐します。

ということで、読みます。

詳細は追って出していきたいと思います。

以上です。

松本

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中